<< カリフラワーがブロッコリーに惨敗を喫したわけ | TOP | ニンニクの芽ってじつは茎のことって知ってた? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

芽キャベツって、キャベツの芽なの?


芽キャベツは、キャベツの芽ではない。
キャベツの変種の「メキャベツ」という植物の茎部分にできる
小さな球である。
ふつう、植物(地上部)は、茎と葉からできていて、葉は葉柄(ようへい)
と呼ばれる細い柄によって茎とつながっている。

そして、茎と葉柄にはさまれた付け根の部分には芽(側芽)ができる。
この芽がどのように発達するかは、植物によって異なり、たとえば、
トマトやキュウリは側芽がのびて枝になる。

メキャベツの場合は、この側芽がわずかに伸長し、
そこにたくさんの小さな葉が重なり合って球になる。
これが、芽キャベツの正体だ。

一方、ふつうのキャベツの側芽は、茎の先端にある
芽の影響を受けて生長がおさえられるため、球になることはない。
キャベツから、芽キャベツはできないのだ。

| 芽キャベツって、キャベツの芽なの? | 野菜・果物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabe-trivia.jugem.jp/trackback/57
トラックバック