<< 枝豆は、午後に収穫すると味がいいってホント? | TOP | カリフラワーがブロッコリーに惨敗を喫したわけ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

同じアスパラガスでも色が違うと作り方も違う?


 同じアスパラガスでも、色が異なる、ホワイトアスパラとグリーンアスパラ。
一般的には、ホワイトアスパラは缶詰で、
グリーンアスパラは生で売られていることが多い。
では、この二つ、色以外に何か違いはあるのだろうか?

それは、栽培の方法である。
ホワイトアスパラは、育てるときに、あらかじめ30センチほど盛り土をして、日光を遮ってつくる。

一方、グリーンアスパラは、土を盛り上げず、そのまま育て、地上にのびた部分を収穫する。
グリーンアスパラが、きれいな緑をしているのは、このためだ。

こうして、両者は同じ野菜でありながら、栽培方法の違いにより、
まったく印象の異なる食材となっている。

 
プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!
甘くて、美味しすぎて困ります!...


 
冷凍のまま沸騰したお湯で3分茹でるだけ♪
皮むき済みなので簡単です。ドイツホワイトアスパラガス
| 同じアスパラガスでも色が違うと作り方も違う? | 野菜・果物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabe-trivia.jugem.jp/trackback/55
トラックバック