<< 捕鯨禁止なのに、なぜクジラを食べられるの? | TOP | 干ししいたけを早くおいしく戻す技とは? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

関東では自ねぎ、関西では青ねぎが好まれるわけは?

 
ねぎには、白い部分が多い白ねぎと、青い部分が多い青ねぎがある。
おもに、東日本では白ねぎ、西日本では青ねぎが好まれる傾向にあるが、
その理由は何だろう?

それは、東西の温度の違いによる。
白ねぎは、別名「根深ねぎ」ともいわれ、土にもぐっている部分が多いことから、
寒さに強く、気温が低くなる東日本でも育てやすい品種だ。

一方、青ねぎは「葉ねぎ」ともいわれ、
根元に土を寄せずにつくるため、青い部分が多くなるが、
反対に暑ざには強くなる。
だから、気温が高い西日本で育てるのに、都合がいい。

東西のねぎの好みは、栽培地の温度の違いによって、分かれていたのだ。

| 関東では自ねぎ、関西では青ねぎが好まれるわけは? | 野菜・果物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabe-trivia.jugem.jp/trackback/47
トラックバック