<< サケの卵のイクラと筋子は、どこが違うの? | TOP | 昔のタラコはなぜ鮮やかな赤色だったの? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

天然イクラと人工イクラを見分けるワザとは?


人工イクラは、サラダ油と海藻エキスを主成分に、
イクラの風味と天然色素を加えたものである。

富山にあるラップをつくる会社が、
偶然をきっかけに人工イクラを開発。
大量生産できるため、格安のコピー商品として
売られている。

もちろん、食べてみれば、舌の敏感な人なら、
天然か人工かの違いはわかるだろうが、
客観的に判別したければ、イクラを一粒、
熱いお茶か、お湯の中に落としてみればいい。

そのイクラが、オレンジ色から白色に変色したら、
それは天然もの。
一方、オレンジ色のままだったら、人工イクラである。

天然ものは、タンパク質でできているので、
加熱されると白く変色する。
一方、人工ものは、着色されたオレンジのまま
変わらないというわけである。

| 天然イクラと人工イクラを見分けるワザとは? | 魚介類 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabe-trivia.jugem.jp/trackback/38
トラックバック