<< アメリカやフランスのカキも元は宮城県産だって? | TOP | 店頭のトマトが「桃太郎」ばかりになったわけは? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

肉じゃが発祥地を名のる地が2か所もあるわけは?

家庭の味の代表「肉じゃが」は、明治時代の海軍元帥、東郷平八郎の
発案といわれている。
ところが、現在「肉じゃが」の発祥地を名のる市は2か所ある。

1か所は、京都府舞鶴市。1901年、舞鶴海軍鎮守府が開庁され、
初代司令長官として、東郷提督が着任。
そこで、英国留学中に食べたビーフシチューをヒントに、航海中の
水兵の脚気(かっけ)を防ぐための艦上食としてつくらせたのが始まりと
主張している。

それに対して、クレームをつけているのが、広島県の呉市。
東郷は、舞鶴に赴任する前には呉にいて、そのときすでに肉じゃがを
つくっていたはずという。

いずれにしろ、肉じゃがは、海軍で味を覚えた兵士たちが、
実家に帰ったとき、味を徐々に伝えてきた料理。
昔からのお袋の味ではなく、家庭料理の人気メニューになったのは、
昭和40年代になってからのことである。

| 肉じゃが発祥地を名のる地が2か所もあるわけは? | お惣菜 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tabe-trivia.jugem.jp/trackback/24
トラックバック